SHACHIとSHACHI-Brain

SHACHIとSHACHI-Brainは医療健康情報統合プラットホームです。個人が自分の健康を管理するシステム(Personal Health Record System)と、病院情報システム(Hospital Information System)と地域健康管理システム(Electronic Health Record System)を統合し、さらにこれらから得られたデータを解析するためのシステムから構成されています。

SHACHIとSHACHI-Brainは千葉県、日本医療研究開発機構、総務省の支援を受け千葉大学病院が開発しました。運営会社の変更と機能改善のための改良のため現在運用を停止しています。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

SHACHI-Brainの特徴はSmart Handshake機構によって接続性を高めたことです。個々のHIS、PHR、EHRでデータを標準化していた従来方式に対してSmart HandshakeではデータをそのままSHACHI-Brainに送信し、SHACHI-Brainでフォーマットの変換を行います。個々のシステムはSHACHI-Brainに接続してデータを送信するだけで余分な出費がありません。Smart Handshakeでデータの標準化と標準形式データを個々のシステムに適合する形への個別化とを行います。

Smart Handshakeのメリットは標準形式のアップデートにも柔軟に対応できることがもう一つの利点です。病院情報システム間の標準データ交換形式としてながらく用いられてきたHL7 Ver2シリーズはFHIRにアップデートされようとしています。従来の方式でアップデートしようとすると、連携システムすべての改造が必要になりますが、Smart HandshakeではSHACHI-Brain側での対応となり、個々の施設は準備が整ったところからアップデートすればよくなります。連携システムの足並みがそろうことを待つまでもなく、新しいデータ交換形式のメリットを享受できるのです。

SHACHI-Brainはデータ解析を前提としたシステムです。病院情報システムがそのデータのコピーを用意して解析用に提供するデータウェアハウス方式ではありません。具体的にはデータの抽出条件、抽出者、抽出日時を記録した解析用データを解析システム内に保存し、研究をいつでも検証できるようにしています。すなわちデータの改ざんを許さない解析システムです。

SHACHIとSHACHI-Brainは文字通りの患者中心のシステムです。自分のデータをいつでも好きな時に見ることができます。こう言っておきながら現在システムを停止していること、本当に申し訳ございません。医療者にお願いして自分のデータを見せてもらうのではなく、自分のカルテに自分で書き込むこともできる。相談したいことは思いついたときに書き込み、診察時に答えてもらう。そんな患者中心のシステムです。

SHACHIとSHACHI-Brainのコンセプトをもっとよくしてプロデュースしたい方は是非ご連絡ください。SHACHIとSHACHI-Brainのノウハウは喜んで提供します。もっともっとよいシステムが生まれることを祈念しています。