少子高齢社会への対応

私たちが暮らす日本は第二次世界大戦後に三角形の人口ピラミッドを前提として社会設計されました。教育、政治、就労、社会保障、社会インフラなど全てが0歳児が一番多く、高齢になるほど人口が減少することを前提としています。しかし経済発展、長寿化によってその前提が大きく崩れています。

例えば教育では就労を60歳までととらえ、教育すべき教科とその内容が教育課程として定められています。主要教科については時代の変化によって改訂が重ねられてきました。しかし健康分野では60歳までの健康維持に重要な身体と生活習慣作りを目指した保健教育を行っています。言い換えると高齢者にとって大きな問題であるがんや認知症、あるいは生活習慣病の教育はほとんど行われていません。臨床疫学で疾病対策を考えると、健康や疾病に対する知識の普及が第一に問題となります。

予防医学では病気にならないようにする一次予防、病気に対して早期発見早期治療を行う二次予防、進行した病気を治療する三次予防に分けて考えます。誰も病気になりたくはありませんので、一次予防はとても大切です。一次予防についても医学は大きく進歩していますが、その知識が国民に提供されていないのが現状です。商魂たくましい方々が自分たちの都合の良い宣伝文句でゆがんだ知識が広がってしまっています。その嘘を見破る方法を伝え、自分で正しく判断できるようにこども教育成人教育高齢者教育、行政担当者教育プログラムを設計しました。


こども教育

少子高齢社会がどのようなもので、2050年にはどうなると予想されるのかを考える必要があります。2050年は今8歳の子供が40歳になります。小中学生が働き盛りになっているはずです。その時今予想されるよりも暮らしやすい日本にするには子供たち自身が今から考えて行動する必要があります。

2050年に向けて教育要綱にはないが学ぶべきこととして次の4点を重視し、セミナーを行っています。

  1. 将来人口推計
  2. 健康と介護
  3. 労働と幸福
  4. コンピュータサイエンス

これらの項目には答えはなく、考え続けなければならないものです。

詳細はこちら

成人教育

今日医療の焦点となっている生活習慣病、がん、認知症、うつ病などは患者さんと医療者だけでは解決せず、社会としての対応も同時に考えていく必要があります。このような対応として社会的処方という言葉も生まれ、すでにイギリスでは制度化されています。

勤務への配慮、塩化維持などの配慮、会社以外での付き合い、両親や家族が罹患した際の対応などについて改善していく必要があります。

社会として疾病に取り組むために市民大学や企業での研修などに積極的に取り組んでいきます。

 

 

 

 

詳細はこちら

高齢者教育

100歳を超えて生きる方が珍しくはなくなった今日、退職後の人生は40年を超えるかもしれません。何をして過ごすのか、生活費はどうするのか、健康への配慮はどうすべきなのか、両親やパートナーへの介護はどうすれば良いのか、どのような最期を迎えたいのか、死後どのようにしてほしいのか。一切のタブーを取り払い一緒に考えるセミナーを開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら

行政担当者教育

医療と介護の一体化という政策に従って市町村と都道府県の役割が組み替えられています。世界的にも例を見ない少子高齢社会を突き進むわが国では先人の知恵を借りることもできません。自分たちで考え、行動しなければなりません。しかし何かをしようとすると反対意見も多く途方に暮れているのではないでしょうか。

問題の抽出、解決の方針策定、政策の立案、実態に合わせた方針の修正について具体的な進め方を学ぶセミナーと、実際に政策を進めるためのコンサルティングを行います。

 

 

 

 

 

詳細はこちら



新着ニュース

  • 平成30年1月23日 行政向けセミナーを開催します。内容は前回と同じです。
  • 平成30年12月26日-27日 こども見学デイ2018冬 を開催します。
  • 平成30年10月17日 行政向けセミナーを開催します。
  • 平成30年9月30日(日曜日)10:00-12:00千葉大学薬学部公開講座「千葉の医療を支えるー地域包括ケアで専門的職能を発揮する薬剤師」
  • 平成30年8月6日 中学理科教員・養護教員向け「理科実験の安全セミナー」を開催しました
  • 平成30年8月1日-3日 こども見学デイ2018 無事終了しました

アクティブ・ラーニング

講義形式の授業ではなく、学習者が主体的に調べ、実験し、討論し、教えあい、理解を深めていくように設計された授業形式です。学習者が主体的に勉強を進めることでより深く理解し、応用力の高い学習を進めることができます。アクティブ・ラーニングでは何を学ぶかを学習者自身が決めるため、指導者が設定した範囲の知識を体系的に獲得できない可能性がありますが、設定していない範囲や設定した以上に深い知識を獲得することもしばしばです。

アクティブ・ラーニングには夏休みの自由研究などのように課題を決めないもの、ロボコンのように課題を決めて創意工夫を競うもの、社会見学などのように街に出かけて学ぶもの、グループ討論を重ねて討論技術を高めるもの、など様々な形態があります。「2050年問題 解決するのは君だ」では基礎知識を提供し、学習の方向性を定めるための講義を行いますが、学習の主体は将来の課題会に向けたグループ討論です。討論を深めるためにはアカデミックリンクセンターの図書館を活用したり、両親などにインタビューしたり、ネットで調べたりすることも必要になるかも知れません。

2050年問題については現時点で解決策は不明です。今回のワークショップで結論が出るはずもありません。将来のことを考え、課題解決のためにその後ずっと考え続けることが需要であり、参加された方がこれをきっかけとして考えを深め、思いついた解決策を試行し改善していく社会のリーダーになってくれることを願っています。

 

2050年問題

現在の小学生が40歳を超えるころ、つまり社会の主体となるころ、インドやブラジルなどでも高齢化が進み地球全体が高齢社会となると思われます。そのころまで人類の人口増加が続いていた場合食糧問題は非常に厳しい状況になっているかもしれません。悲観的に考える人々はそれまでに大規模な戦争が再び起こり場合によっては人類が滅亡することにもなりかねないと予想します。

一方楽観的な人々はAIが発達し農業や水産業が画期的に効率が高まり食糧問題は解決し、人間はほとんど働かなくても暮らしていけるようになると予想します。

どのような社会になるかは誰にもわかりませんが、30年後にあるべき社会を見つめて、そのために必要なことや改革すべきことを考え、今から準備していくことが重要です。少なくとも社会のリーダーを目指す君にはこの夏から2050年を見つめて行動してもらいたいと思います。

Micro:bitプログラム

Micor:bitを使いやすくするプログラムを提供します。

Micro:bitにはスクラッチに似たブロックエディタがあります。プログラムを作り、モニターで動作を確認し、それをMicro:bitに転送して工作する。プログラミングと電子工作を一貫して学べます。ブロックは日本語化されているので、トランプで7並べを遊べる方ならだれでもプログラミングできるようになります。見た目は子供のおもちゃのようですが、JavaスクリプトもPythonも扱えるので、発展も簡単です。なによりブロックエディタだけでプログラミングに必要な要素はほとんど学べます。データベースは無理? いいえ。Bluetoothを使うとサーバとの連携も可能です。

 

数字型配列の使い方サンプルプログラム

数字型配列を使ったサンプルプログラムです。

 

カタカナ表示プログラム

カタカナで文字を表示します。

 

ABゲーム

ABゲームのサンプルです。

 

ABゲーム得点表示

ABゲームに得点表示と試合経過表示を追加しました。